DUCATI ハイパーモタード821

DUCATIの殆んどのバイクは個性的です、M1100EVOも
このハイパーモタードもスロットル開けるか閉めるかハッキリせんかい!
と言うようなエンジン特性です。
画像
 
画像

アイドリングからクラッチに気を使わず、少しスロットルをひねればスルスルと
加速して40km以下でもスムーズに走れる、そんなバイクではありません。

多分、おそらく?日本の市街地の低すぎる走行速度はDUCATIの
想定ではないのでしょう?

デザインに引かれて乗ってはみたものの手こずる人も少なくはないと思います、
しかしDUCATI、ハマる人はどっぷりハマります。

それは上手く言葉に出来ませんが速く走る為に割り切った感のある
エンジン特性とシャーシの味付けなのかな?と個人的に思います。

で、このハイパーモタード、マッドブラックはsonicさんの車輌で、これを見た時から
気にはなっていたバイクなのです。

とても気に入っていたハーレーXR1200が売れちゃったので次期マシンとして
イタリアンレッドのハイパーを仕入れました。
画像
  
画像

個人的にこのバイクに積まれているDUCATI第二世代エンジン、テスタストレッタ
821ccにも興味がありますし、まだまともに乗った事のない
モタードと言うカテゴリーのバイクも経験したかったのです。

まだナラシ中ですが先週いつものコース月ヶ瀬に行ってきました。

先ず、跨ると足が付かない!私身長171cmで短足・・・両足付かない・・
片足つま先がかろうじて接地・・・ヤバイ、バレリーナ状態です(汗)

クラッチは湿式になりましたが相変わらずペタン!とつながります、
エンストで立ちゴケとか嫌なので回転高めで慎重に~発進してます。

しかし一端走り出してしまうと装備重量198kgとは思えない軽快な
操縦性と軽快に回るエンジンはGOODです。
更にシートが高いイコール目線も高くなるので視界良好。

ただしエンジンはDUCTIらしく3.000rpm以下はガクガクして使えません、
気持ちよく加速するのは4.000rpm以上です。

でも峠に入ると本領発揮、軽快なフットワークでコーナーをタイトに曲がって
くれます、高い乗車位置もコントロールしやすい要因かもしれません。

ナラシ中なのでこのバイクの全容は解りませんが
エンジン回転は6.500rpm以下での走行でも十分速いです。

あと、感心したのはノーマルでのサスセッティングです、
Fフォークにダンパー調整機能が無いのでどうかな~?
と思っておりましたが何の不満もありませんでした。

ただモタードと言う事で良くも悪くもしょうがない所だと思いますが
サスストロークが長いのでギャップには強いですがブレーキング等の
姿勢変化が大きく、慣れるまではハードブレーキが難しいですね。

まだ一回しか乗ってませんがこのバイク、気に入りました!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック