S1000RR 練習走行。

前回のブログで少し書きましたが1198S初サーキットと
同日S1000RR走らせて来ました(岡山国際サーキット)。

天気予報に惑わされてかれこれ3週間ぶりの練習です。

実はブログで報告してなかったですが7月始めに1度、走りました。
画像

先ずはその時の事から報告します。
マシンの変更点としては手こずっていたサブコンを思い切って
パワコマに替えてみました。
今回はオートマップ機能は使いません。
ダイノジェット社からこの車輌に近い仕様の基本マップをダウンロードし、
それをベースにBAZZAZのオートチューンで得た(中速トルクが出た)
マップを参考に2種類のマップを作って走りました。

結果は良好、不具合は無く、スロットルに対しパワーの出方もリニア
です。マップは走りながら切り替えて走りました、スロットル開け始めを
濃い目に振ったマップ2がなかなか良い感じで走れました。
燃調はまだまだ改良の余地はあると思いますが足回り等、
他にもセッティング出来てない所が多々あるので燃調はしばらくは
これで走ることにします。

リヤサスはノーマルではバネレートの変更や車高調整の問題があるので
マトリスに変更。
先ずはバネレート(8.5Kg)&減衰力等マトリスの基本設定で走りました。
ポン付けでもノーマルよりは接地感が出ましたが、まだ突っ張っている感じ、
その分フロントに加重が乗りフロントタイヤがボロボロになります、
これは乗り方の影響もあると思いますが・・・・

タイムですか?相変わらず40秒切れませんでした・・(涙)

以上が前回の簡単なインプレです。
画像

で、ここから今回の話ですが足回りのセッティングがメインです。
フロントフォークには今のところ問題は出ていませんが伸び、圧、
共に減衰が最強付近になっていて余裕が無いのが気になります。

リヤサス(マトリス)はプリロードのみ変更、4.5mm抜いて車高調で車高を
維持します。(ノーマルサスはこれが出来ない!プリロードを変化させると
車高も変化してしまうのです、なので走行した挙動変化がプリロードで変わった
のか車高で変わったのか判断が難しくなる)。
画像


結果は良好、コーナー立ち上がりでリヤの接地感が出てスロットルの
開けるタイミングが早くなりました。
今回はタイヤが新品だった事もあるとは思いますが走行1本目から
39.5秒が出ました。

2本目も走行台数が多くてなかなかタイムアタック出来ませんが
出来るだけクリアーな周を狙ってアタック!何とか38.9秒
まだまだ満足できるタイムではありませんが必死に走って40秒
切れなかった時の事を思うと良い方向に進み出したような気がします。

まあ~今の状況は当初予定より半年以上遅れてますが・・・・

この日、路面温度は50℃、走行後フロントタイヤ69℃、リヤタイヤ73℃、
画像
画像

この日はMさんのS1000RRとも一緒に走りました。
MさんのS1000RRは然調ノーマルですが最終コーナー立ち上がりから
1コーナーまでの速さはほぼ互角?私のS1000RRの方がサブコンで
中速トルク出てるはずなのですが??







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

happy3
2011年08月09日 00:58
久々に一緒に走りたいですねぇ

店長
2011年08月09日 16:11
同感です!happy3さんと走るサーキットは楽しいです。
ご一緒出来る日を楽しみにしております。

この記事へのトラックバック