ショウワ ビックピストン(BPF)フロントフォークO/H

今更なのですがショウワのビックピストン(BPF)フロントフォーク
オーバーホールです。
画像

画像

従来型のフロントフォークはダンパー機能を持つカートリッジが
フロントフォークインナーチューブ内に納まっておりましたがBPFは
インナーチューブをカートリッジボデーとしてその分ダンパーピストン
を大きくしてその名の通りビックピストンとした訳です。

ダンパーピストン容量が大きくなる事で減推力に余裕がでて
安定したダンピング特性が得れるとの事ですが何故か
サーキットユースではセッティングが出しにくいと不評で従来構造の
インナーカートリッジに換える方も見受けられます。

私が思うにピストンが大きくなってメーカーが設定したダンピング特性
が勝ち過ぎていて油面&オイル粘度やスプリング変更等では思った
動きにもって行きにくいのでは?。
画像

また最新のGSX-R1000RやZX-10Rに装着されているサブタンク付き
フロントフォークもサーキットでのセッティングが難しいようですよ。

"ショウワ ビックピストン(BPF)フロントフォークO/H" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント