FZ 6-R 車検&FフォークO/H他

日本国内では販売されていないFZ6-Rです、
継続車検とFフォークのオーバーホールです。
ブログ写真3 110.jpg
個人的な意見ですが600ccと言う排気量のスポーツバイクが
車格、車重、馬力のバランスの良いオートバイではないかと思います。

このFZ6-Rもとても乗りやすくてCBR650Rみたいに日本国内でも
販売したら良いのにと思います。

このFZ6-Rもキレイに乗られてますが年式的には10年前のモデルになります
走行距離は3.4万キロ程で特に問題はないと思いますがフロントフォーク
のダストシールがひび割れしてますのでフォークシールも交換時期かと
思われます、おそらくFフォークは新車から始めてのオーバーホールかも?。
ブログ写真3 109.jpg
Fフォーク分解しても特に問題はありませんがフォークオイルはかなり
汚れてました、ダストシール&オイルシールの他にスライドメタルも交換
しておきましょう。

殆どノーマルの車輌です、車検は楽勝かと思いましたが排ガス検査で
引っかかります、マフラー音量はもちろんOK、排ガスHCもOKですが
COが高いのです。

キャブレターなら調整できたりしますがインジェクションで排ガス基準値
超えているのは手強いです。

普通はエキパイに付いているO2センサー(燃料の濃い薄いを自動調整
しているセンサー)に異常があったりすると排ガス基準値から外れたり
します。

それでO2センサーを探しましたが何処にも見当たりません?。

パーツリストで確認したらO2センサー無いです??インジェクション車って
O2センサー付いている物かと思ってましたがFZ6-Rには無いです。

その代わり?なのかは分かりませんがスロットルボディーの後ろに
こんな部品が装着されていてエアークリナーボックスからエアーホース
を引き入れている、更に調整ネジ大きいのが1個、小さいのが4個、
パーツリストの名称調べると大き目のスクリューがアイドルスクリュー
小さい4個がエアースクリューです。
FZ6R.jpg
これでスローの回転数と燃料の濃い薄いを調整すると言う事は
分かりましたが恥ずかしながら始めて見た装置でした(汗)。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント