フロントホイルのガタつきは怖い!

年末にオイル交換で来店されたお客さんのカタナですが
走っていて何か気になる事ありますか?と聞くと
ちょっとフロント周りに違和感があるとの事でした。
画像

お客さん曰く、具体的には上手く説明できないのですが・・・との事。

押し引きしたりハンドルを左右にきって見ても特には異常なさそう、
念のたリフトアップしてフロントホイルをフリーにしてチックすると
ホイルのガタつきを発見しました、ガタはまだ初期段階だったので
車重が乗ってる状態では判りにくいものでしたがライダーは
感性で何かおかしいと感じていたのでしょうね。

フロントホイルベアリングのガタはひどくなると非常に危険です。

と言うのは走行中ホイルがガタつくとブレーキローターも一緒に
ガタつきます、そうするとブレーキキャリパーのピストンが必要以上に
キャリパー内に押し戻されて次にブレーキを掛けた際、ブレーキレバーを
グリップに付くまで握っても十分にブレーキオイルに油圧が掛からず
ブレーキが利かない事になります、  怖いでしょ~。

このバイクもそのまま乗っているとそうなったかも?

で、年明け早々に部品が入ったので早速交換です。
画像

特殊工具でベアリングを抜きます。
画像

外したベアリングはグリスが飛んでいて錆びてました、このまま
放置して走っているとベアリングのボールがバラバラになることも
あります。

純正のベアリングは片側のみにカバー(シール)がされているタイプなので
どうしてもカバーの無い内側からグリスが飛散しやすいのです。
画像

なので両側シールタイプのベアリングを組み込みます。

走行距離が2万キロ超えているバイクは時々フロントホイルを持ち上げて
点検をお勧めします。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック