走行中にエンジン突然停止!

KLX250ですが高速道路走行中に突然エンジン停止?
特にエンジンぶん回していた訳でもないとの事です。

しかし再度始動試みるもかからない。

普通、この様な場合は焼付き、バルブ落ち、カムチェーン等など?

で、エンジン分解して原因追求です。

先ずは圧縮あるか?あるにはあるが基準より低い?
 
ヘットカバーめくって、カムチェーンとバルブタイミング確認、
特に異常なし。

バルブ及びバルブクリアランス確認、クリアランスの広い
ところはあるが付き上げているているバルブはない。

じゃあ、焼付きと思いシリンダー外すも、あれっ!焼けてない?
ピストンリングも特に固着していない。

でも圧縮低かったのでヘット側燃焼室にオイル溜めて観察していると
エキゾーストポートに少しずつオイルが垂れて来ました。

バルブ曲がっているかと思いそのバルブを外してみると原因発見!
運の悪い事に蚤(ノミ)ぐらいの金属片がバルブとバルブシート
に挟まって固着しているではありませんか!
画像

この金属片が何処から来たのかは不明ですが?

で、ついでと言うか、この際なのでオーナーが前々から気になっていた
280ccにボアアップすることにしました。
画像

組み付け後は勿論パワーもアップして修理前より調子良くなったと
お客さんに喜んで頂けました。

めでたし、めでたし!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック