MT-09 カスタム インプレ、

先週の日曜日はMT-09をお借りして月ヶ瀬へ
行って来ました。
画像
  
画像

足回りをマトリスでバージョンアップしたこのMT-09を
しっかり乗るのはこれが初めてですので簡単にインプレッション。

先ずは月ヶ瀬までの市内走行です、
900ccのビックバイクとは思えない取り回しで車の間をヒラヒラと
走れてしまいます、なので900ccの排気量を忘れてしまいます。

市内はSTDモードが走りやすいですがアクセルをワイドオープン
すると鋭い加速で900ccである事をを思い知らされます。

ノーマルサスはブレーキ&加速でのピッチングが激しくダンパーにも
イマイチ腰がありません、MT-09は加速時にフロントが浮き気味に
なりますがこれはパワーがあることもありますがリアサスの腰砕けも
原因だと思います。

対してマトリスを装着したこの車輌は強い加速時でもフロント加重が
抜ける感じはありません、これはAモードでのフル加速でも同じです。

また強いブレーキングもノーズダイブが少なく安心できます。

次は峠(月ヶ瀬)のインプレです、まあこのMT-09の本領発揮ですね、
Aモードの切り替えての走行です。

私が感じたSTDモードとAモードの違いはパワー云々と言うより
Aモードはハイスロになった様な感じを受けました。

エンジンレスポンスが良くなる事でシフトダウン等でエンジン回転を
ギアに合わせるのが楽になりす。
コーナからの脱出加速もスロットルを大きくひねらないでいいので
峠はAモードが走りやすいです。
ただアクセルレスポンスが良いのはいいのですが、スロットル開け締め
でのドンツキが気になります、なので市内走行はSTDモードが走り良いです。

エンジンパワーには勿論不満など無く2気筒でも4気筒でもない独特な
鋭い加速がこのエンジンの魅力です。

月ヶ瀬の峠は路面が荒れている所や大きくうねっている所もありペースを
上げて走ると、硬いだけのサスなら跳ばされるし、やわいサスなら
底ズキしたりしますがマトリスのサスを装備したこのMT-09は
何の不安も無く走れてしまいます、目の前に迫る大きな凸凹にも
身構える必要がありません!

900ccとは思えない軽い車体での操縦性はまさに良く曲がりよく止まりよく走る、
峠では狙ったラインを思い通りに走れてしまいます。


ちなみに前後マトリスサス(フロントフォークはインナーカートリッジ交換)
の仕様バネレートはオーナーの体重80kg~に合わせております。
体重63kgの私が乗るとゆっくり走っている時は少しバネが硬い感もありますが
ダンパーがバネに勝っているので不快感は感じる事はないです、逆に
峠を攻めると丁度良い硬さだと感じました。

あまり文句の付けようのないMT-09ですが唯一、Aモ-ドでのアクセル
オン/オフでのギクシャク感ですね、これはツーブラザーズのフルエキが
装着されている事も影響しているのでしょうか?
画像
T-REV(クランクケース内圧コントロール)で解消できるかもしれないので
後日装着予定です、取り付けの模様は後日アップいたします。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

tk
2014年11月02日 00:07
ヒョスンのサスじゃダメですよね~
店長
2014年11月02日 10:13
どうなんでしょう??

この記事へのトラックバック