フロントフォーク、チューニング!

前回のモトレボ、オープンクラスで9位に入った
キバ君ですが順調にラップタイムを詰めてきております。

なので、フロントフォークもノーマルではそろそろ役不足に
なってくると思われるのでサーキット走行に合わせた
オートルースオリジナルチューニングをします。
画像

これをすると何がどうなる?
簡単に説明するとノーマルフォークではストリートを走る事を
前提としたセッティングになております。

画像
 フォークオイルもかなり汚れてますね~
画像

ストリートでは2人乗りや路面に大きな段差とかもあるので
フォークがある程度入ったところで急に硬くなるようになってます。

しかしサーキットの場合はフォークが入った底付き付近がしなやかに
ストロークして路面を追従してくれないと怖くて走れないのです。

例を一つ上げるとストレートエンドのフルブレーキ時、車重の殆んどは
フロントに掛かりフロントタイヤは路面にに押し付けられます(これもトラクションです)。
当然フォークは底付き付近まで入っていいます。

タイヤのグリップ力を最大限に出すにはこの時のトラクションをそのまま
コーナーリングへ移行するのが良いのですが難しいレーシングテクニックの
一つです。

この時ノーマルフォークだと路面を追従しきれずにそのしわ寄せがタイヤ
の仕事量を増やしてしまい最悪はスリップダウン、
ってな事にもにもなりかねないのです。

なのでフォークの底付き付近がしなやかに動いて更に底付きしないで
路面を追従するようにチューニング&セッティングするのです。

ストリートの峠乗りの方でもハードに走る&二人乗りは殆んどしない
ならお勧めですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック