XR1200にT-REV

昨日の続きでXR1200にT-REVを付けてみます。
画像

先ずはガソリンタンクを外してエアークリーナボックス
を外します。
画像

通常のスポーツスターのエアークリーナーは右サイドに
付いているのですがXRはエンジンの上、ダウンドラフトです。
画像

前後のシリンダーヘッドカバーから出ているパイプからブローバイガスが出ます。
しかしスポーツスターのブローバイホースは細い、これ1200ccですよね。
ドライサンプはこんなんで良いのでしょうか?
一説によるとドライサンプは強力なポンプでオイルを吸い上げて循環させて
いるのでその際にブローバイも一緒に吸っているとの話も聞きました。

しかもホースはひび割れだらけ、普通ならホース周辺はオイルまみれ、
になっていても不思議ではありませんが大して汚れていません・・?
と言う事はこのホースの細さに見合った量しかブローバイガスが
出ていないのでしょう。
画像

それならT-REV効果はあまり期待できない予感。

でもXL1200Rでは少ないながらT-REV効果は感じれたので作業続行。

こんな感じで装着、もう少し目立たなく取り付ける余地は
あったのですがとりあえず効果の方を早く確かめたいのでこれで行きます。
画像

で、乗った感じはやはりあまり違いが感じれません。
ただシフトダウン時のエンジン回転が合わせ易くなったかな?
回転がスムーズに上がるような感じがします、明確な違いではないの
ですが多分、おそらく、・・・乗りやすくなった?

スポーツスターの場合エンジン内部に予めTーREVと同じような
働きをするアンブレラバルブと言う物が付いているので
大きな変化は期待してはダメですね。
ただ、高回転時などのクランクケースの内圧が少しでも下がれば
オイル漏れ対策にもなるので付けておいた方が良いと思います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック